更 新 情 報

全国のR不動産の最新情報


新着情報



グループサイト・更新情報



>>HEADLINEを見る



column 2017.5.25
 
Rトピックス
なぜ不動産屋がマップをつくるのか?
柳田和佳奈(金沢R不動産/E.N.N.)
 

ときたま、マップの制作などもしている金沢R不動産。商店街組合でもなく、地元情報誌でもないのに、なぜ不動産屋がマップをつくるのか?その理由をちょっとお話したいと思います。

金沢を試し住みするための地図「KANAZAWA TRIAL STAY MAP」。発行はNPO法人趣都金澤、金沢R不動産では制作を担当。

マップは街を切りとる1枚の「レイヤー」。

不動産屋の使命は、お客様の「暮らしを支える場所」をより良くすること、選択肢を拡げることであるのはさることながら、大きな視点としては「そのエリアのバリューを上げること」という使命もあると思っています。それがオーナーへも、借り主にも、そのエリアに住む人にも還元されていくと思うからです。

もちろん、「何がバリューか」ということは、その土地の特性によって異なります。商業地区なら人通りが多くてオープンで、たくさんの機会に恵まれている方が良いだろうし、反対に、知る人ぞ知るというか、近寄りがたいことが価値になるエリアだってあると思います。

また、その価値も単色ではなく、複雑に混ざり合い、ひとつのエリアを形成しています。いかようにも取れる街の魅力をどのように切り出してご紹介するのか、そのひとつの手段がマップだと私たちは思っているのです。

「Illustrator」などのソフトを使っている方はイメージしやすいかと思うのですが、同じ画面でも、どのレイヤーを「オン」にするのかで、背景だったり、オブジェクトだったり、全く異なる画が浮かび上がってきますよね。

「浅野川はしごマップ」。浅野川界隈でのハシゴ酒を促すというコンセプトで制作。

たとえば2017年5月に発行した「浅野川はしごマップ」は、観光地というイメージが強く、あまり地元の人が遊びにこない東山・主計町エリアに、「夜」「飲み歩き」「川沿い」といレイヤーをオンにして、立ち現れた画を写し取った地図です。

夜の浅野川沿い。「女川」とも呼ばれる浅野川は実に艶っぽい。

そのマップでは日中目が行きがちな観光客向けのお店は一切記載されていません。代わりに「深夜までやっているナポリピザ店」とか「〆に行きたいパティスリー・バー」など、昼間は見えなくなっている星のような名店を紹介しています。
その点と点がつながってはじめて、マップを手にした方の中に「浅野川界隈って、夜が愉しいんだ」という、エリアの新しいイメージ像が結ばれるのだと思うのです。

マップ中面。裏は英語バージョンになっている。

なので、あくまでもお店紹介や道案内はマップ制作の主旨ではなく、「この街、こういう見方すると実は楽しいんですよ」という視点の提案こそが、私たちにとってのマップ制作をする意義なんです。

このように、金沢R不動産では物件の仲介以外にもエリア自体を盛り上げるお手伝いをさせていただいております。
マップにとどまらず、タブロイドや、ZINE、イベント開催にいたるまで、さまざまな角度からご提案できればと思いますので、「この街を盛り上げたいのだけど…」というぼんやりとした段階で構いません、御用命あればお問い合わせフォームよりご一報下さい。

お問い合わせフォーム

連載記事一覧
 
おすすめコラム
 
カテゴリホーム
コラムカテゴリー
 
特徴 フリーワード
フリーワード検索
関連サービス
 
メールサービス
 
SNS
 
関連コンテンツ
 
reallocal金沢

八百萬本舗

橋端家
R不動産の本