更 新 情 報

全国のR不動産の最新情報


新着情報



グループサイト・更新情報



column 2011.12.25
 
茨木町アパートリノベーション
リノベーションアパート“鞍月舎”のその後(後編)
松本ゆうみ(金沢R不動産/E.N.N.)
 

茨木町リノベーションアパート“鞍月舎”のその後を追うコラム。後編は1階に入居されている3つのショップをご紹介!

今春完成した茨木町のリノベーションアパート「鞍月舎」のその後を追うこのコラム。前編では、2階のお部屋をそれぞれアトリエ、オフィス、サロンとして使っている4人の女性にスポットをあてましたが、後編では1階に入居されている3つのショップについてご紹介します。そう、1階もそれぞれ個性的なお店が並んでおもしろい場所になっているんです。私たちのオフィスからもすぐ近くなのでよくお邪魔しているのですが、今回改めてお話を伺ってきました。

1-a号室/ 「橘珈琲店」

まず最初にやってきたのは、自家焙煎珈琲が自慢の『橘珈琲店』。扉を開けると、ふわーっとコーヒーのいい香りが漂ってきます。取材に来たにもかかわらず、 ついつい腰を落ち着かせてコーヒーを注文。2階でアトリエを構えるクチュリエの木谷さんも仕事の息抜きに降りて来られたので、一緒にコーヒーを飲みながら 話を伺うことにしました。

こだわりのコーヒーが九谷焼のカップで出てきます。迷ったらおすすめをどうぞ。

「今日のグァテマラはねぇ、かなり深めに煎ったからコクがあってツウ向きかもしれない。フルーティーなのがよければエチオピアかな」と、豆のラインナップと味の特徴を丁寧に教えてくれる店主の橘さん。コーヒーに対する知識はとても深く、聞けば小学生の頃にすでにネルドリップを習得して、高校生になると複数の豆を買ってきてはオリジナルブレンドの研究をしていたそう。馬術のインストラクターという職に就いてからもコーヒーへの探究心はますます高まり、手作りで焙煎専用の小屋を建てたり、ベーカリーに自家焙煎の豆を卸したりとずっとコーヒーと関わってきましたが、今秋趣味をいよいよ本業に。それだけにこぢんまりとしたお店の中にはこれまで蓄積されてきたコーヒーに対するこだわりがたっぷり詰まっています。

コーヒーと並ぶこの店の名物「かなざ和っふる」。大野醤油や加賀棒茶など地元素材を使ったもの。

裏路地にあるので人通りはまだあまりなく、ふらっと入ってくるお客様は少ないとのことですが、サラリーマンやOLさん、近くの放送局のアナウンサーさんらからお店の評判はクチコミで広がっているようです。朝早く通勤する方向けに営業時間前(8時頃~10時)にテイクアウト限定で安くコーヒーを提供したり、自宅や職場でも美味しいコーヒーが飲めるように自家焙煎豆のドリップパックを販売したりと、お客様の声に応えるような新しいサービスも生まれています。街に根づき愛されるお店というのは、そういうこだわりと柔軟性を併せ持ったお店なのかもしれません。

1-c号室/ 「輪島キリモト・金沢店」

次に向かったのは『輪島キリモト・金沢店』。輪島市で江戸時代後期から続く漆器の製造販売元であり、普段づかいできる漆器や漆を使ったインテリア小物や家具など、今の暮らしの中に溶け込む漆製品を提案する桐本木工所のショップです。日本橋三越にも『輪島キリモト』の店舗がありますが、金沢店では単に漆製品の販売だけにとどまらず、地元輪島の特産品を扱ったり、漆のことを深く知ってもらうためのワークショップを開催したりもしています。

店内には漆の器やインテリア商品のほか、能登の食材・調味料なども。

店員さん(オーナーの妹さん)と話をしていると、ここでもいい出会いがありました。お店に入って来られたのは、昼休み中だという市役所職員の男性。そういえば、金沢市役所からここへは徒歩で5分程の距離。食後の散歩で今日初めて立ち寄ってみたとのことでした。なんと偶然にも地元が輪島市ということで、会話は自然と輪島の街の話題に。ポテンシャルの高さが注目されている能登輪島で生まれはじめた若い動き、一方でそれでもまだ寂しい街の現状を聞くと、輪島ブランドの代表格である“漆”の役割、そして『輪島キリモト』が絶えず発信し続けていることの意味を実感することができました。

フライヤーやショップカードと一緒に「金沢の地図」「輪島の地図」が置かれています。

漆器が陳列された棚の一角をふと見ると、そこにはスタッフさんが作った「金沢の地図」と「輪島の地図」が。金沢店と輪島の本町店・工房のそれぞれ周辺にあるおすすめショップや飲食店がまとめられたものです。これ一つとっても、この店だけでなく街全体を盛り上げたいという想いが伝わってくるようでした。

1-d号室/ 「HACO:ya」

続いては、お隣にある『HACO:ya』へ。ここは普段商品パッケージとして使われている箱の更なる可能性を探って販路拡大や産業創出を目指すため、箱屋さんが運営しているギャラリーです。そのため、店内に並んでいるのは販売している商品ではなく、展示用の作品やワークショップの見本品。フタ部分が黒板になったチョークBOXや大きなクリスマスツリーなど、「箱ってこんな風に使えるんだー」と驚かされるものばかり。同時に「じゃあ箱でこんなこともできるんじゃない?」なんて新しい発想も湧いてきます。

あえてボード貼りのままの内装。さまざまな箱のカタチが提案されています。

私たちはここで定期的に行われている筆箱とティッシュ箱を作るワークショップに参加させてもらいました。まずはたくさんある古着と洋紙の中から好きな色柄を選んで、型に合せて切ったあと、箱の形に組み立ていきます。一番難しいのは最後にニカワ(動物の骨や皮から作られた糊)を塗って布や紙で箱をくるんでいく、貼箱ならではの作業。2人のスタッフさんに丁寧に教えてもらいながら、オリジナルの筆箱とティッシュ箱がそれぞれ1時間程度で完成しました。自分だけの世界に一つしかないものと思うと、とても愛おしくなります。

定番のワークショップは偶数日の午後2時30分から随時受付中。

商品を購入するのではなく、発想を享受して創造する場。ここには訪れた人と迎える人とのコミュニケーションがあり、新たな相乗効果を生む場所にもなっていました。

温かい明かりが灯る夕暮れの鞍月舎。

鞍月舎のショップ第1号である『輪島キリモト・金沢店』がオープンしたのが今年の5月末。9月に『橘珈琲店』、10月に『HACO:ya』と相次いでオープンしたので、まだ2ヶ月程しか経っていませんが、それぞれのお店が街に根づき、出会いと出会いをつなぐハブ的な場所としても機能しつつあるのを感じました。

街中の静かな用水沿いに建つレトロな古アパート。
私たちがこのリノベーションプロジェクトでイメージしていたのは、まさに「自然とコミュニケーションが生まれ、ゆるやかにつながって、そこからまた何かが生まれるようなそんな場所」の創出でした。ここから始まった新しい動きは、今後ますますおもしろくなっていきそうです。これからも一番近い場所で体感し続けていこうと思います。

■橘珈琲店
住所:金沢市茨木町56-3 鞍月舎1階 1-a
電話:076-254-1819
営業時間:10:00~19:00
定休日:水
Web:橘珈琲店

■輪島キリモト・金沢店
住所:金沢市茨木町56-3 鞍月舎1階 1-c
電話:076-254-0058
営業時間:11:00~18:00
定休日:水
Web:輪島キリモト

※HACO:yaは移転いたしました。(2016年追記)

連載記事一覧
 
おすすめコラム
 
カテゴリホーム
コラムカテゴリー
 
特徴 フリーワード
フリーワード検索
関連サービス
 
メールサービス
 
SNS
 
関連コンテンツ
 
reallocal金沢

八百萬本舗

橋端家
R不動産の本
 
公共R不動産のプロジェクトスタディ

公共R不動産の
プロジェクトスタディ

公民連携のしくみとデザイン




公共R不動産のプロジェクトスタディ

CREATIVE LOCAL
エリアリノベーション海外編

衰退の先のクリエイティブな風景




団地のはなし 〜彼女と団地の8つの物語〜

団地のはなし
〜彼女と団地の8つの物語〜

今を時めく女性たちが描く




エリアリノベーション 変化の構造とローカライズ

エリアリノベーション:
変化の構造とローカライズ

新たなエリア形成手法を探る




PUBLIC DESIGN 新しい公共空間のつくりかた

PUBLIC DESIGN
新しい公共空間のつくりかた

資本主義の新しい姿を見つける




[団地を楽しむ教科書] 暮らしと。

[団地を楽しむ教科書]
暮らしと。

求めていた風景がここにあった




全国のR不動産

全国のR不動産:面白く
ローカルに住むためのガイド

住み方も働き方ももっと自由に




RePUBLIC 公共空間のリノベーション

RePUBLIC
公共空間のリノベーション

退屈な空間をわくわくする場所に






toolbox 家を編集するために

家づくりのアイデアカタログ






団地に住もう! 東京R不動産

団地の今と未来を楽しむヒント






だから、僕らはこの働き方を選
んだ 東京R不動産のフリーエー
ジェント・スタイル






都市をリノベーション

再生の鍵となる3つの手法






東京R不動産(文庫版)

物件と人が生み出すストーリー






東京R不動産2
(realtokyoestate)

7年分のエピソードを凝縮






「新しい郊外」の家
(RELAX REAL ESTATE LIBRARY)

房総の海辺で二拠点居住実験






東京R不動産

物件と人が生み出すストーリー






POST‐OFFICE―
ワークスペース改造計画

働き方の既成概念を変える本