更 新 情 報

全国のR不動産の最新情報


新着情報



グループサイト・更新情報



>>HEADLINEを見る



物件詳細情報
 

  • 夕日に照らされた哀愁漂う本マンション
  • レトロなサインと左に見えるえんとつは銭湯。
  • 昭和33年創業の百乃湯。
  • ひらひらゆれる銭湯ののれんと奥に見える本マンション
  • 金腐川のリバーサイドに建つ。
  • サンルーム(DK・洋室側)からの眺望
  • 6帖の洋室。奥の襖を取れば、LDKとしてもOK。
  • 窓から黒瓦の街並みと山の緑
  • 和室からの眺望
  • 6帖の和室。窓からの緑がきれい。
  • 4.5帖のDK。キッチン交換済み。
  • ベランダがサンルームになっています。
  • 玄関。磨りガラスを生かしたい。
  • お風呂。特徴的な床タイル。
  • トイレ。窓付き。
  • 金腐川の土手沿いにはコスモス。
  • 近くの大通り沿いには町家が並ぶ。
  • 近くの城北中央公園

夕日に照らされた哀愁漂う本マンション

sale   NEW 住宅
夕焼けノスタルジー
 
価格:
280万円
面積:
43.52㎡
   
所在地: 金沢市鳴和
交通: IRいしかわ鉄道「東金沢駅」 徒歩10分/小坂バス停 徒歩2分
共益費: 2,000円
修繕積立金: 5,000円

レトロなサインと、数十m先にある高いえんとつの銭湯。このレトロでディープな渋い組み合わせが、なんとも哀愁を漂わせている。目下には、金腐川(かなくさりがわ)というパンチの効いた名の川が流れる。

陽の落ちる中をぽくぽくと歩く下校途中の小学生の後ろ姿は、三丁目の夕日を思わせる。


このマンションは、高度経済成長の真っ只中に建てられた。

勿論、エレベーターはないが、4階最上階のお部屋まで階段を上がると、何より部屋からの借景が良い。

DK・洋室からは、金沢らしい黒瓦の街並みとその奥の山。和室からは、金腐川と城北中央公園の木々を望むことが出来る。また、東・西に部屋が配置されていて、DK・洋室側から朝日が昇り、和室側に夕日が沈む。


四季折々、また時間帯によっても様々な景色を見せてくれそうだ。


室内は、3年前にリフォームが施されており、そのままでも十分お使い頂ける。当時の磨りガラスやタイルが残っているので、それを生かして、あえてレトロに改装するのも面白そうだ。


東金沢駅から徒歩10分、徒歩圏内には大学もあるので、広さ的にも学生用賃貸物件としても、良いかもしれない。


昭和から平成へ。そして平成が終わろうとしている今。

こうしたロケーションも貴重になりつつある。

部屋からえんとつの煙と、店先でひらひらと揺れるのれんを確認して、銭湯に入りにいく。


そんなノスタルジーな日常は、いかがですか。


  
  
  
  
    
>>大きな地図で見る 

価格 280万円 専有面積 43.52㎡
共益費  2,000円 修繕積立金 5,000円
所在地 金沢市鳴和
交通 IRいしかわ鉄道「東金沢駅」 徒歩10分
小坂バス停 徒歩2分
建物構造 鉄筋コンクリート造5階建て 所在階 4階
築年 1966年 土地権利 所有権
面積   都市計画 市街化区域
用途地域 建蔽率/容積率  
その他費用 取引態様 媒介
設備 間取:2DK(DK4.5/和6/洋6/浴室/洗面/トイレ/サンルーム)/向き:東
備考 総戸数:24戸/現況:居住中 (H31年1月退去予定)/引渡時期:相談/現状渡し/H27年一部リフォーム済み(フローリング・壁紙・キッチン交換等)
情報修正日時 2018年11月30日 情報更新予定日 2018年12月24日
※掲載の情報が現状と異なる場合には、現状を優先するものとします。