更 新 情 報

全国のR不動産の最新情報


新着情報



グループサイト・更新情報



>>HEADLINEを見る



物件詳細情報
 

  • 奥座敷の鶴の間。宴が似合う臙脂色の壁です。
  • 庭園そばの縁側。ケヤキの一枚板は圧巻。
  • 縁側からの庭園風景。
  • 庭園の全体イメージ
  • 庭の泉水
  • 庇からの眺め
  • 庭園側からの景色
  • 庭園正面
  • 鶴の間から庭園方向へ向けて
  • 木造建物
  • 建物正面玄関
sale     その他・店舗
宴たけなわ三昧
 
価格: 1億円
面積: 949.01㎡(建物)
2,803.39㎡(敷地)
 
所在地: 石川県河北郡津幡町
交通: JR中津幡駅 徒歩15分
管理費: なし
修繕積立金: なし

金沢から車で北上すること20分。


ベッドタウンとしても知られるここ津幡町に、創業百年、

おもてなしの心と古式豊かな料理で地元に親しまれてきた料理屋がありました。その名も『大正楼』。


この度、多大なるご縁をいただきまして、大正楼なき後、この元料理屋跡の建物を、どなたか引き継いで活用していただける方はいないかと、オーナーたってのご希望で募集させていただく運びとなりました。


大正楼と言えば、庭園美で知られます。

四季折々の樹々と泉水には、日本料理は目で味わい、器で食べる他に、庭園の風情が大切な調味料であることを教えてくれます。


また格式ある佇まいを見せる奥座敷は、加賀の豪商『木屋藤右衛門』の粟崎居宅から移築したもので、天井は神代杉、敷居は年輪の浮き出しも美しい桜、縁はケヤキの一枚板と、贅を凝らした造りで、庭園と一体化した風情はまさに『御亭』とよんだ方が相応しいかもしれません。


ふと、 この臙脂色(えんじいろ)の壁の鶴の間に、加賀料理の鯛の唐蒸しが運ばれて来るシーンがよぎりました。飲めや歌えのお祭り騒ぎから、美味しい料理を静かに堪能する場面まで。


楽しい時は楽しいように、しめやかな時はしめやかなように。宴もたけなわ、ひざを交えて、それぞれの時間をじっくりと、思う存分過ごせる場所。


建物は木造瓦葺2階建ですが、移築された数奇屋造は1階部分のみとなります。敷地は800坪以上とかなり大きめですが、建物後部には駐車場が完備されています。木造以外にRC造の建物が建っておりますが、オーナー側で解体してお渡しする予定です。


今回の募集は、ここ津幡で、庭園と数奇屋造の木造建築を生かし、活用していただける方が前提となります。宿泊施設にして欲しいという要望も、近隣からあったとか。


新たなる風を吹かせてくださる方、お問い合わせお待ちしております!



庭園そばの縁側。ケヤキの一枚板は圧巻。
縁側からの庭園風景。
庭園の全体イメージ
庭の泉水
  
  
>>大きな地図で見る 

担当:たけの のりこ
 
価格 1億円 建物面積 949.01㎡
管理費  なし 修繕積立金 なし
所在地 石川県河北郡津幡町
交通 JR中津幡駅 徒歩15分
建物構造 2階建て 所在階
築年 不詳年 土地権利 所有権
敷地面積 2,803.39㎡ 都市計画 市街化区域
用途地域  (第1種住居地域) 建蔽率/容積率 60% 200%
その他費用 取引態様 媒介
設備
備考 地目:宅地/私道負担:なし/現況:居住中/引渡時期:相談
情報修正日時 2017年5月3日 情報更新予定日 2017年8月10日
  ※掲載の情報が現状と異なる場合には、現状を優先するものとします。