更 新 情 報

全国のR不動産の最新情報


新着情報



グループサイト・更新情報



>>HEADLINEを見る



news 2018.5.29
 
real local
おもしろい仕事、そろってます。
柳田和佳奈
 

(有)E.N.N.の設計チーム「studio KOZ.」では、現在一級建築士の資格を持ったスタッフを募集しています。

金沢R不動産」という不動産部があったり、飲食店「a.k.a.」や複合ショップ「八百萬本舗」を運営していたり、とにかく色々とやっている「(有)E.N.N.」。

「studio KOZ.」は、そのE.N.N.内の設計チームですが、会社自体が多角的に手掛けている上に、設計という仕事上、普段はあまり表にでないので「どういう人がいる?」「どんな仕事をやっている?」など、外から見ると謎も多いと思います。

前回、不動産スタッフのインタビュー求人記事が好評だったので、今回は設計部バージョンをお届け。

今回インタビューしたのは勤続8年目の設計士・深尾純平(33)。島根県出身。


E.N.N.に入社した理由。

金沢に来たきっかけは大学進学でした。そのまま大学院に進み、建築の意匠系の研究室にいました。

学生時代、当時片町にあった「a.k.a.」によく吞みに行っていて、そこでE.N.N.のことを知りました。就職は東京でと決めていたのですが「東京にE.N.N.の設計部があるよ」と教えてもらって。

片町時代のa.k.a.。おもしろい人達の溜まり場でした。

E.N.N.を志望した理由は、設計以外にも不動産や飲食店など多角的に手掛けているところに、“安心感”のようなものを感じたからです。

建物をつくる際に、設計士として関われる範囲が広いのはとても興味深いと思いました。

あとは、ひとつのプロジェクトを最初から最後まで、ひとりで担当させてもらえる規模の会社に行きたいと考えていたのもあります。

東京から金沢に拠点を移して感じたこと。(※2011年の震災を機に設計部 studio KOZ.の拠点も金沢に移りました)

東京では仕事と生活の間に物理的にも心理的にも距離を感じていたのですが、金沢では私生活と仕事場、それにかかわる人々が重なることも多く、仕事と生活を同じ目線で考えられるようになったと思います。

金沢に戻って来た当初に手掛けたフランス料理店「tawara」。

リノベーションは、あくまでも“ひとつの手段”。

社内に「金沢R不動産」があるご縁で、リノベーション案件を担当させていただくことも多く、「リノベに強い会社」と思われている節もあると思います。僕自身「新築よりもリノベが良い」とは全く思っていませんし、分けて考えること自体、意味がないと思っています。

金澤町家をリノベーションした「八百萬本舗」。

リノベーションはあくまでも「いち手段」として捉えているし、コストや物件状態など、諸条件を鑑みたうえで方法論としてそれがベストだと思えば提案します。

建物の寿命は使う人あってのものだから、「古いものを古いまま残す」ということではなくて、その人が継続して使えるような方法を考えたいですね。

深尾さんが金沢に戻って初めて手掛けた新築住宅。通称「大屋根の家」。

E.N.N.で働くメリット。

「金沢R不動産」があることで、計画が固まる前にお客さんとコンタクトが取れるところはかなり大きいと思います。

通常だと土地や諸条件が確定している中で建物について設計士が関わる形になると思うのですが、「ここならもっと違う可能性もありえますよ」という提案からできる。

E.N.N.スタッフ。不動産部も同じビル内で仕事をしている。

あとは何と言っても、E.N.N.には常に面白い仕事がいっぱい転がっています。実力があればそれらをどんどんまわしていけると思うし、新築、リノベーション、住宅、商業施設問わず、やれる範囲はかなり広い。

1人にまかせてもらえる裁量も大きく、自由な環境なので、「教えて欲しい」という方よりも、自分でどんどん仕事を進めていきたいという方には良い環境だと思います。

設計部が手掛けた仕事の一部。

商業施設、オフィス、飲食店、住宅など、仕事の範囲は広い。

ワーク・ライフ・バランスについて。

金沢には工芸をはじめ様々な作家さんがいますが、みなさんそれぞれに生活の愉しみを知っていて、そこでの体験を自分の仕事に上手く還元されている印象があります。
建築の仕事も同様に、暮らし方の引出しが多い設計士の方が絶対信頼できる。
説得力がある設計士になるためにも、自分の生活を充実させないといけないんだと、ようやく分かってきました。

最後に、「E.N.N.に向いている」と思う人物像。

E.N.N.では建物だけではなく、プロジェクトごと提案させていただく機会も多いので、普段から色々な物事に対して「こうできるんじゃないか?」と考えることのできる、提案力のある人が向いているかもしれません。

また、ものづくりに携わる土壌としても金沢はすごく恵まれている街だと思います。
自分の地元に戻って独立する前に、金沢でしかできない経験を挟むのも良いのではないでしょうか。


なるべく直接会ってお話できればと思っておりますので、ご興味のある方、ぜひ一度お問合せ下さい。

概要
■社名/屋号:有限会社E.N.N.一級建築士事務所/studio KOZ.
■URL:http://enn.co.jp
■募集職種:
・一級建築士
・設計監理実務3年以上
■雇用/契約形態:正社員 ※試用期間(3ヶ月)あり
■給与/報酬:25万円〜
■待遇:社会保険完備、マイカー通勤可(駐車場あり)
■勤務地:金沢/新竪町オフィス(東京/初台オフィスへの出張あり)
■勤務時間:10:00〜19:00
■休日休暇:週休2日、夏期休暇・年末年始休暇
■求める人物像:
・男性(現状、女性が多いためです)
・コミュニケーション能力、チーム協働が得意な方。
・建築・まちづくりに興味のある方。

■応募方法:
まずはinfo(a)enn.co.jpまでメールにて応募の旨ご連絡ください。その後、弊社仕様の履歴書フォーマットを送らせていただきます。※(a)の部分を@に変えてください。

おすすめコラム
 
カテゴリホーム
コラムカテゴリー
 
特徴 フリーワード
フリーワード検索
関連サービス
 
メールサービス
 
SNS
 
関連コンテンツ
 
reallocal金沢

八百萬本舗

橋端家
R不動産の本
 
公共R不動産のプロジェクトスタディ

公共R不動産の
プロジェクトスタディ

公民連携のしくみとデザイン




公共R不動産のプロジェクトスタディ

CREATIVE LOCAL
エリアリノベーション海外編

衰退の先のクリエイティブな風景




団地のはなし 〜彼女と団地の8つの物語〜

団地のはなし
〜彼女と団地の8つの物語〜

今を時めく女性たちが描く




エリアリノベーション 変化の構造とローカライズ

エリアリノベーション:
変化の構造とローカライズ

新たなエリア形成手法を探る




PUBLIC DESIGN 新しい公共空間のつくりかた

PUBLIC DESIGN
新しい公共空間のつくりかた

資本主義の新しい姿を見つける




[団地を楽しむ教科書] 暮らしと。

[団地を楽しむ教科書]
暮らしと。

求めていた風景がここにあった




全国のR不動産

全国のR不動産:面白く
ローカルに住むためのガイド

住み方も働き方ももっと自由に




RePUBLIC 公共空間のリノベーション

RePUBLIC
公共空間のリノベーション

退屈な空間をわくわくする場所に






toolbox 家を編集するために

家づくりのアイデアカタログ






団地に住もう! 東京R不動産

団地の今と未来を楽しむヒント






だから、僕らはこの働き方を選
んだ 東京R不動産のフリーエー
ジェント・スタイル






都市をリノベーション

再生の鍵となる3つの手法






東京R不動産(文庫版)

物件と人が生み出すストーリー






東京R不動産2
(realtokyoestate)

7年分のエピソードを凝縮






「新しい郊外」の家
(RELAX REAL ESTATE LIBRARY)

房総の海辺で二拠点居住実験






東京R不動産

物件と人が生み出すストーリー






POST‐OFFICE―
ワークスペース改造計画

働き方の既成概念を変える本